映画一覧

映画『鑑定士と顔のない依頼人』について

あらすじ、

だが、女性と接するのが非常に苦手で、女性を目の前にすると気分が悪くなる為隠し部屋に大量の女性の肖像画を飾り鑑賞する
ある日ヴァージルのもとに、電話を通じて依頼が入る。
依頼内容は両親が死去したので、両親が収集していた美術品を競売にかけて欲しいというものだった。
邸宅の近所のバーにいた小人症の客に、邸宅に何度も家具が運びいれられ運び出されていたこと、邸宅から若い女性(クレア)が度々外出していたこと、そして彼女(バーの小人症の客)が邸宅の本当の持ち主で他人に邸宅を貸すことがあったことを告げられる。
依頼人の邸宅には確かに様々な美術品が置いてあったが、当の依頼人であるクレア(シルヴィア・フークス)
クレアはしく若い女性であった。
何度か足を運ぶと依頼人のクレアは隠し部屋に引きこもっていることが分かった。
クレアは広場恐怖症で長年引きこもっており、作家として生計
唯一遺された女性の肖像画は元々クレアの邸宅にあったもので、裏にはなぜか「親愛と感謝をこめて」
依頼人が姿を表さないという前代未聞の依頼であったが、ヴァージルは扉越しに接するうちに、クレアの容姿に興味を持ち、ある日クレアの容姿を盗み見る。
結婚を機にヴァージルは引退を決意し、会場では様々な人から祝福され、ビリーからは「俺の絵の才能を認めてくれなかったのが残念だったが、お祝いに絵画を送ったよ」と絵画を送ってもらう。
遂にクレアとの直接対面を果たし、クレアに自分のコレクション非常に親しくなる。
クレアが話していた思い出の飲食店で一人食事をする。
ヴァージルは帰宅するがヴァージルは愕然とする。
ロバートの店とクレアの邸宅はもぬけの殻になっており、連絡も一切取れなくなってしまう。

作品情報

タイトル:鑑定士と顔のない依頼人

原題:LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER

製作年度:2013年

上映時間:131分

製作国:イタリア

ジャンル:ロマンス

監督:ジュゼッペ・トルナトーレ

脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ

音楽:エンニオ・モリコーネ

登場人物

ロバート(ジム・スタージェス)

機械職人。ヴァージルがクレア邸で見つけたオートマタ(機械人形)の部品の修理を依頼する。ロバートは男前で女性関係が派手だったことから、クレアとの事も相談するようになる。

ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)

天才的な審美眼を持つ鑑定士。人生で一度も女性と付き合ったことがない。手袋を常に着用するほどの潔癖症。

ビリー・ホイッスラー(ドナルド・サザーランド)

ヴァージルのオークション不正取引の仲間で元画家。昔ヴァージルに絵の才能が無いと言われその道を諦める。

クレア・イベットソン(シルヴィア・フークス)

急死した両親の遺品の鑑定ををヴァージルに依頼する。広場恐怖症という病気で人前に出ることができない。


映画『恋する40days』作品情報、あらすじ

あらすじ

主人公の青年は恋人にふられたのをきっかけに、40日間の禁欲生活を始める。悪友たちは面白がって、茶化したり賭けの対象にしたりする。主人公は、サイバーコップ(悪質サイトをブロックする仕事)で働く女性とコインランドリーで知り合い、バスでデートしたりする。さて、主人公は無事に40日目を過ごすことができるのか。

40 Days and 40 Nights (2002) Trailer

登場人物

マット・サリヴァン/演:ジョシュ・ハートネット

エリカ・サットン/演:シャニン・ソサモン

ライアン/演:パウロ・コスタンゾ

サム/演: マギー・ジレンホール

ニコル/演:ヴィネッサ・ショウ

ジョン・サリヴァン/演:アダム・トレーズ

ジェリー・アンダーソン/演:グリフィン・ダン

マンディ/演:キーガン・コナー・トレイシー

スージー/演:エマニュエル・ヴォージア

キャンディ/演:モネ・メイザー

アンディ/演:クリスティン・シャトラン

マー神父/演:スタンリー・アンダーソン

ダイアナ/演:ローリン・ヒース

クリス/演:グレン・フィッツジェラルド

ダンカン/演:ジャレッド・ポール

ニール/演:テリー・チェン

ニック/演:カイ・レノックス

マイキー/演:クリス・ゴーシャー

ウォルター・サリヴァン/演:バリー・ニューマン

ベヴ・サリヴァン/演:メアリー・グロス

デヴィット・ブロコウ/演:ディラン・ニール

作品情報

タイトル:恋する40days

原題:40 DAYS AND 40 NIGHTS

製作年度:2002年

上映時間:93分

製作国:アメリカ

ジャンル:コメディ、青春、ロマンス

監督:マイケル・レーマン

製作総指揮:ライザ・チェイシン

デブラ・ヘイワード

脚本:ロブ・ペレス

音楽:ロルフ・ケント


映画『のぼうの城』作品情報、あらすじ

あらすじ

周囲を湖に囲まれ、浮城とも呼ばれる忍城
領主・成田氏一門の成田長親は、領民から「でくのぼう」を略して「のぼう様」と呼ばれ、親しまれる人物であった。
天下統一目前の豊臣秀吉は、関東最大の勢力北条氏の小田原城を攻略せんとしていた(小田原征伐)。
豊臣側に抵抗するべく、北条氏政は関東各地の支城の城主に籠城に参加するよう通達した。支城の一つであった忍城主の氏長は、北条氏に従うように見せかけ、手勢の半数を引き連れて小田原籠城作戦に赴きつつも、裏では豊臣側への降伏を内通していた。
「武州・忍城を討ち、武功を立てよ」秀吉にそう命じられ、石田三成は大軍勢を率いて忍城に迫る。
軍使として遣わされた長束正家は、成田氏が既に降伏を決めていることを知りながら、戦を仕掛けるためにあえて傲慢な振る舞いをし、まんまと策略にはまった総大将・長親は「戦」を選択した。
当主・氏長より降伏を知らされていた重臣たちは、初め混乱するが覚悟を決め、かくして忍城籠城戦は幕を開けた。
三成率いる2万超の軍勢に、農民らを含めても3千強の成田勢。
総大将たる長親は、将に求められる武勇も智謀も持たない、その名の通りでくのぼうのような男。
だがこの男にはただ一つ、他人に好かれる才能、特に異常なほどの民からの「人気」があった。
地の利と士気の高さから、緒戦は忍城側の圧勝であった。三成は、近くを流れる利根川を利用した水攻めを行うことを決定する。
総延長28キロメートルに及ぶ石田堤を建設し、忍城と城下本丸を除いて水に沈む。
この水攻めに対する長親の策は、城を囲む湖に船を出して、敵兵の前で田楽踊りを披露することであった。
三成の指示で雑賀衆が、田楽踊りを踊る長親を狙撃するが、長親は一命を取り留める。
城に入らず場外で堤作りに雇われていた百姓の中から、長親が撃たれたことと、耕していた水田を台無しにされた怒りから石田堤を壊す者が現れ、ついには水攻めが失敗する。
水が引き、三成軍が総攻撃を行おうとする矢先、小田原城が落城したとの知らせが成田勢にももたらされ、忍城も開城する。
小田原城落城時までもちこたえた支城は忍城だけだった。

映画『のぼうの城』本予告編

登場人物

成田長親(なりた ながちか)

成田泰季(なりた やすすえ)

成田氏長(なりた うじなが)

成田泰高(なりた やすたか)

甲斐姫(かいひめ)

珠(たま)

正木丹波守利英(まさき たんばのかみ としひで)

柴崎和泉守敦英(しばさき いずみのかみ あつとし)

酒巻靱負詮稠(さかまき ゆきえ あきちか)

明嶺(みょうりょう)

たへえ

かぞう

ちよ

ちどり

石田三成(いしだ みつなり)

大谷吉継(おおたに よしつぐ)

長束正家(なつか まさいえ)

豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)

山田帯刀(やまだ たてわき)

貝塚隼人(かいづか はやと)

前野与左衛門(まえの よざえもん)

作品情報

タイトル:のぼうの城

製作年度:2011年

上映時間:145分

製作国:日本

ジャンル:アクション

監督:犬童一心、樋口真嗣

脚本:和田竜

音楽:上野耕路